home profile What's New diary 携帯カメラマン REE=LEE Equipments
fellows & works lesson contact link Hey 麺!

My Equipments & Instruments

コレクターじゃないプレイヤーだってこだわり満載!
どれを使ってるのを観た事あります?
Ibanez Ashula SRAS7
Ibanez Ashula SRAS7
一曲の間にフレッテッドとフレットレスの両方を
瞬時にして切り替えて使いたいという長年の衝動を
いよいよ叶えてくれる夢の『ハイブリッドベース』です。
 
body/Poplar Burl:Ash Top:Mahogany
neck/7p Maple:Purpleheart:Rosewood
fingerboard/Purpleheart(fretless):Rosewood(fretted)
peg/original
bridge(fretless)/AeroSilk Mono-Rail V bridge
bridge(fretted)/Mono-Rail V
pick up(fretless)/AeroSilk Piezo pickup
pick ups(fretted)/SRAS Super J pickups(passive)
tone control(Piezo for fretless)
2-band Equaliser(Magnet for fretted)
 
使用弦ですが、僕の場合はD'adarrioで統一してます。
フレットレス側はフラットワウンドで040,060,080
フレッテッド側はプロスティールで040,060,080,100(EPS190)
 
FENDER JAPAN JBV
FENDER JAPAN JBV
ある仕事でこの手のベースが要るって事で
慌てて買ったら意外にもしっかり使えてビックリなこれ。
今ではセッションワークでこいつを持参することがあるくらい
頼りにになってくれる「地味にスゴイ」ベースです。
 
body/alder
neck/maple OVAL TYPE
fingerboard/rosewood,20F
peg/fender japan original
bridge/fender japan original
pick up/J-BASS VINTAGE-5
 
シンプルなパッシブの5弦ジャズベース。
とかく日本のフェンダーはUSA信者には目の仇ですが
僕には頼もしい相棒なので
これからも使い続けていくつもりです。
 
基本スペックには無いピックアップフェンス、
実は僕はこれが大嫌いなんですが
このベースはこれを付けてた方が都合がよい事が多いので
頑張って慣れていきたいと思います。
FENDER JAPAN JBV(fretless 改)
FENDER JAPAN JBV(fretless 改)
とある現場で普通のフレットレスの音が欲しいと言われ
探した上にフレットレスにしたという僕には珍しい切っ掛けの一本です。
 
body/alder
neck/maple OVAL TYPE
fingerboard/rosewood,20F(fretless)
peg/fender japan original
bridge/fender japan original
pick ups/J-BASS VINTAGE-5
 
先の黒いJBVよりも実は年式が古いようで
「craftted in Japan」と記してあります。
しかも重量が1kg近く軽くて楽な割には
重心が安定したベースらしい音色なので面白いです。
 
ジャコっぽいフィーリングの音も当たり前に出せますが
ロックにも対応できる器用さが好きですね。
Artexの6弦フレットレスと使い分けていきたいと思ってます。
 
当たり前に基本スペックは市販のままですよ!
YAMAHA BB-615
YAMAHA BB-615
BB=マホガニーボディと思いがちですが
何と、こいつは実はアルダーボディなんですよ。
しかも旧BBのピックアップと同じコイリングなので
反応も音の太さも抜群なんですよ!
 
body/alder
neck/maple
fingerboard/rosewood,21F
peg/YAMAHA original
bridge/BB-VNX5
pick ups(ceramic)/split single coil×2,bar-type single coil
equalizer/original type(bass:middle:treble)
 
以前持っててja+NKの1stのレコーディングでも使ってました。
実はこれは生徒の所有するベースで、
現在仕事で使うのに借りております。
 
空間系のエフェクターの掛かりが良いのは
さすがにYAMAHAのBBですね、復刻望む一本です。
前のページ 目次 次のページ

Last updated: 2017/9/27