home profile What's New diary 携帯カメラマン REE=LEE Equipments
fellows & works lesson contact link Hey 麺!

My Equipments & Instruments

コレクターじゃないプレイヤーだってこだわり満載!
どれを使ってるのを観た事あります?
Artex JB R.Kambe Edition
Artex JB R.Kambe Edition
僕の代名詞とも言えるベースです。
 
body/white ash
neck/maple
fingerboard/maple,21F
peg/1st〜3rd:GOTOH,4th:HIP SHOT“D-tuner”
bridge/Kahler 7410-GX
pick up/bartolini 9s
pre-amp/bartolini NTBT
 
地元愛知県は岩倉市のArtex Guitar Worksという工房で
僕の理想を形にして頂いたんですよ。
すごいのは届いたその日からしっかり鳴ってて
実はライブで使ったんですよ!
 
指板のポジションマークにLEDを埋めてあるのも特徴で
この青はステージでも映える輝きで
今でも点けるとテンション上がります。
 
音はズッシリしてますね、重いです。
 
 
Artex JB  LEE=REE ‘P-FUNK’ model
Artex JB LEE=REE ‘P-FUNK’ model
上のベースのバージョン違いですが
実はこっちの方が古いんですけどね・・・(^^;
 
body/white ash
neck/maple
fingerboard/maple,21F
peg/1st〜3rd:GOTOH,4th:HIP SHOT“D-tuner”
bridge/BADASS BASSU
pick up/bartolini 9S
pre-amp/bartolini NTMB
 
何が違うかはスペックについては
見比べるとすぐに判ると思いますが
音の面、いわゆる鳴りの個性も違ってて
こっちの方が倍音が通ってブライトな音がします。
 
弦が新品で無くても「ピン!」って感じなんで
少々古いままの弦でもハイが保たれますが
案外敏感で弦の死に際がはっきり解ります。
 
PAエンジニアが加工しやすい出音です。
あっ、LEDは赤です!
Artex JB  R.Kambe LOW-B Edition
Artex JB R.Kambe LOW-B Edition
青LEDの5弦バージョンですが
キャラクターとしてはこっちの方がおとなしい「優等生」です。
 
body/white ash
neck/maple
fingerboard/maple,21F
peg/1st〜4th:GOTOH,5th:HIP SHOT“D-tuner”
bridge/BADASS BASS X
pick up/bartolini 59S72(旧9S5)
pre-amp/bartolini NTBT
 
全体のバランスを考慮してか4弦ベース2本と比べると
少々音量というか前に出ない感じなんですが
実際には音圧も何もかもしっかり出てるという不思議な一本です。
 
細かい事をいうと4弦ベースよりも全体を20%大きくして
Low-Bの鳴りが他の4本と釣り合うようになってるし
ヘッドも弦を巻く位置が低くなってて
テンションが稼げるように深く落としてあります。
なのでスラップでもズンと出て行きます。
 
言ってみれば「可愛いふりしてあの娘、わりとやるもんだね」でしょうか?
因みに、LEDは緑です。
 
 
Artex 6strings fretless R.Kambe model
Artex 6strings fretless R.Kambe model
Artexさんとの付き合いはこいつからなんです。
20数年前のこのベースの製作依頼が全ての始まりとなってます。
このベースは繊細な音作りを目的としたために
少し軽めで軟らかい音色となってます。
 
body/walnut(top)+alder(center)+walnut(back)
neck/maple&walnut 5pieces construction
fingerboard/ebony,24F
peg/GOTOH
bridge/GOTOH
pick up/bartolini XXM56M(magnet)
     GOTOH original PIEZO(bridge)
pre-amp/bartolini TBT(for magnet)
      GOTOH original(for PIEZO)
 
かなり細かいところにまで気を配っていただいて
すごく音抜けも良いしエフェクターの掛かりも抜群!
ピックアップが通常のマグネットの他にピエゾも搭載、
そしてプリアンプがそれぞれに独立して効くので
生々しいウッドベースのような音色も作れます。
 
因みに今はフラットワウンド弦が張ってあります。
前のページ 目次 次のページ

Last updated: 2017/9/27