My Gear@pjb


backindexnext

CAB27(7inch unit×2 + 3inch tweeter speaker cabinet) CAB27(7inch unit×2 + 3inch tweeter speaker cabinet)
 
意外にもハイパワー!それでいて落ち着いてて
キャパ50人の箱でも客席の最後尾まで
しっかり聴こえてたようでびっくりでした。
 
音抜けはツイーターかな?
7inch二つのタフさを強力サポートしてます。
M-500&8T/16B ※RENTAL M-500&8T/16B ※RENTAL
 
僕まで映り込んでて
ごめんなさい(笑)
 
PJBのフラッグシップモデルだけあってさすがの存在感でした。
 
無理に低域を出そうともせず、
不用意に高域を出そうともせず
ひたすらにフラットなサウンドで
楽器本体の音色の再生に
優れてて扱いやすかったです。
 
運ぶのに非常に重たいので
そこだけが唯一の難点かも?
D-1000 & C9(×2)  ※RENTAL D-1000 & C9(×2) ※RENTAL
 
これはボトムラインのアンプです。
 
Mシリーズやピラニアと違い
今のPJBのサウンドです。
 
D-1000も凄いタフな音色、
C9も低域から高域まで
真っ直ぐに塊を押すタイプ。
 
フラットですがもう少し下が出ます。
埋め尽くすピラニアスピーカーよりは
包み込む穏やかさがありますね。
 
D-1000、欲しくなってきちゃった(;^ω^)
M-300 & CAB47(×2) M-300 & CAB47(×2)
 
N.N.K. POWER TRIOの為に
この組み合わせを使用しました。
 
中野重夫(g.vo)さんの巧みで繊細な
表現をしっかりサポートしたくて
ストレートなアナログ回路のM-300と
空気を真っ直ぐ振動させるCAB47を
4Ωで鳴らす事を選択しました。
 
キャビネットを二台使用したので
咆哮とも呼べるあのギターサウンドに
負けない音圧と支える音柱を再生!
こんな激しいPJB、観た事あります?
シンプルなギタートリオでの
凄まじいばかりの低音は
今後の僕のPJBライフに
新しい可能性を見出してくれたかも?

| ホーム | profile | What's New | diary | 携帯カメラマン REE=LEE | Hey 麺! | Artex Guitar Works | K.Yairi |
| NO NAME Effects | K.Yairi | L.R.Baggs | Equipments | fellows & works | lesson | contact | link |


メールはこちらまで。