Gallery


backindexnext

D600 & C4(×2)+CAB47 D600 & C4(×2)+CAB47
 
C4二台を基本にして
CAB47を補佐的使用する事で
ブライトかつファットに音色を
保ってます。
CAB47があって音が締まる
印象だと思います。
 
思った以上にフラットなので
弾き方で音の印象が変えられ
僕みたいなスタイルには
ありがたいシステムです。
 
D600 & C4(×2) D600 & C4(×2)
 
不用意にボリュームを上げず
それでいて存在感が欲しい時
特にアコースティックで使用。
 
中域を低域が包み込む、
そんな音色をイメージして
倍音から来る「伸び」を
心ゆくまで堪能できます!
 
エレキベースでも使いますが
FENDERとの相性が抜群で
これはもう私的定番です。
D-600 & CAB47(×2)+CAB27 D-600 & CAB47(×2)+CAB27
 
CAB47+27コンビよりも
低域がかなり厳ついです!
 
がっしりドッシリとベース音を
会場に響かせたいならば
このセットは必ず期待に応えて
空気を揺らしてくれます。
 
個人的には5弦ベースの
Low-Bの音の通りが好きで
今後27か47かで
贅沢な悩みを抱えてみたいです。
D-600 & CAB47+CAB27 D-600 & CAB47+CAB27
 
無敵のタッグです、ホントに!
嫌味の無いハイパワーは
弾いてて気持ちイイです。
 
7inchスピーカーの反応と
3inchツイーターの伸びは
実際に体験してみないと
判らないと思います。
 
客席?ステージ?
どうせなら弾いてみない?

| ホーム | profile | What's New | diary | 携帯カメラマン REE=LEE | Hey 麺! | Artex Guitar Works | NO NAME Effects |
| フォトギャラリー | Equipments | fellows & works | lesson | contact | link |


メールはこちらまで。