home profile What's New diary 携帯カメラマン REE=LEE Equipments
fellows & works lesson contact link Hey 麺!

『食』人ベーシスト REE=LEE

お酒もタバコも賭け事の類も一切興味が無い!となれば食べることに向かっていくのは必然というもの、2015年から始まった新コーナーです・・・タイトルは(『しょく』にん)と読んでください!
あくまで僕個人の主観でありますのでそこを汲み取ってご覧下さい。で、もしも興味のあるお店があれば是非とも行ってみて下さい。食べ物は心を豊かにしますからね(^^)
坦坦麺@愛知県名古屋市北区 錦城
坦坦麺@愛知県名古屋市北区 錦城
一発目はラーメンで。他の錦城は何度も行ってますがここは二度目、考えてみればその時屋号が錦城だったかどうかも記憶にはないがその時も坦坦麺を食べたのは記憶してる。
 
普段は仕事の加減で小牧の錦城に行くのですがそこと比べると味はさすがに変わりません、素晴らしい品質確保と言うか正直驚きましたが麺の「普通」に関する加減が違うっぽいのが面白かった。こちらの方が若干軟らかめ(歯応えはちゃんとありますよ!)なのですが実はこれがスープの味を最後までちゃんと感じさせる重要なファクターなのではなかろうかと思うほどのマッチング!
 
今まで歯応えだけ求めてすぐに「麺硬め」って注文してましたがこれからはスープの味を堪能したい時は麺の硬さを普通〜軟らかめを設定するのもありだなと考えを改めました!
まぜ郎@愛知県一宮市花池 ぎんや
まぜ郎@愛知県一宮市花池 ぎんや
結構いろんな店に行ってるわりには「ぎんや」は初体験。つけ麺やまぜそばが有名って聞いてて名前からピンと来たってことでこの「まぜ郎」を注文。一瞬何が何だか判らない山なりのもやしとその下にキャベツと卵黄がひっそりと鎮座していらっしゃいまして・・・で、ご紹介が遅れましたが天辺にはチャーシュー(と認識するのに数秒掛かりましたが^^;)がドーンと乗っかってました。
 
チャーシューどかしてもやしをちょいと食べて、まずは卵黄を潰さないようにして太麺をいただく!スープが濃い目ってのがこの手のラーメンの特徴なんだけどこの濃い目のスープの苦手な僕が一瞬で美味いと思ったほどのコク、卵黄を潰してもやしと共に進んでいってこの濃さの恩恵を感じました。魚介スープって素敵(≧◇≦)
 
チャーシューも見た目と違って箸で簡単にバラけて食べやすくなったし脂っぽさがうっとおしくないのが好印象でした。
ねぎ野菜肉そば@名古屋市名東区 丸源ラーメン
ねぎ野菜肉そば@名古屋市名東区 丸源ラーメン
実はいつも丸源に行くと「辛肉そばの肉ダブル」なのですがこの日はこの「ねぎ野菜肉そば」。
見た目で判ると思いますが麺にいくまでの道程が非常に長いったら長いったら!
でもそこがこの「ねぎ野菜」と冠する由縁なのだろう、麺大盛にしなくて良かったです。
それくらいにボリュームがあって食べ応えがあります、他に何も要りません(これは夜ですので)。
 
わりと脂っけのある丸源のラーメンなのにあっさり一気に食べられたのは
ねぎの量と海苔(写真だとねぎに隠れてますね)の功績かもしれません。
 
40代も後半になるとこういう口当たりを求めてしまうんですよねぇ・・・
気持ちの上ではまだまだこってりが食べたいのですが体がついてこられない(ToT)
そんなオッサンな方には打って付けのラーメンかと思います。
かけうどん+かしわ天&ナス天@高松製麺 西枇杷島店
かけうどん+かしわ天&ナス天@高松製麺 西枇杷島店
僕は実のところうどん派の人間なのですが「これは!」ってうどん屋さんが案外無くて
無難なとこでどんどん庵に結構行ってるのですが最近はここが多いです。
 
基本的にシンプルなメニューが好きで、このかけうどんで通うか決めてます。
他にも丸亀や横井製麺所や四国に讃岐にとこの手の店は多いのですが
かけつゆと写真のナス天でこの高松製麺のしかも西枇杷島店が一押しとなりました。
 
しかもここは接客が良いためにいつ行っても混んでます。
時間があれば僕にしては珍しく並んで待ってでも食べます。
 
Sプレミアムラーメン@スガキヤ
Sプレミアムラーメン@スガキヤ
期間限定を滑り込みで食べてきました。
その日もかなりの売れ行きで本来入ってる生タマゴが午前中の段階で在庫切れで
半熟温泉タマゴに変更させてくれと店員が一人一人に確認してる時点で
これの売れ行きが良く解りました(因みに僕が注文したのは12:15頃ですので ^^;)。
 
いざ食べてみるとチャーシューに少し食べ応えがあって濃いって事以外は
いつもの『あの味』だった訳ですがかえってそこに潔さを感じて好感触でした。
やはりスガキヤにはいつもの『あの味』を貫いてほしいじゃないですか、この庶民に馴染む味を。
 
時には安っぽい味に本物を感じるもんです。
安っぽいからといって悪い訳ではない・・・美食家にはわからんだろうなぁ。
カレーうどん@どんどん庵 
カレーうどん@どんどん庵 
麺は先に挙げた高松製麺の方に確実に軍配が上がるのですが
このカレーだし汁に関してはここのは好きです、さすがはあのサガミグループです。
 
本来ならどんどん庵でカレーうどんだとコロッケじゃなくてナス天なんですが
あいにくナス天が無かったのでコロッケにしましたがこれには理由があって
僕の調べ(食べ比べね)だと、このどんどん庵は揚げ物が大変良いんです…たぶんNo.1です。
あとは滅多に食べないチクワの磯辺揚げもここだと食べるんです。
やはり揚げ方が上手いとこの揚げ物は選ぶに迷うから嬉しいイラつきってヤツです。
 
しかし、どんどん庵だと普段は違うの食べるんだよなぁ…それが何かはいずれまた!
台湾ラーメン@名古屋市北区 九龍居
台湾ラーメン@名古屋市北区 九龍居
これ以上ないほどシンプルにして誤魔化し様の無い台湾ラーメン。
とかく辛さのみ追求されがちで正直つまらない存在になりつつあるこの台湾ラーメンですが
九龍居、少なくともこの北区の九龍居の台湾ラーメンは
ずば抜けた辛さも特別な美味さも無いのですが
僕が思う台湾ラーメンに一番欲しい
「そこそこ美味しくて飽きが来ない見た目と味」があるんですよ。
 
いわゆる「普通の味」と言い放たれてしまう代わりに
餃子やチャーハンなど他の物と一緒に食べても他を殺しにいかない安心感が
他にもあるメニューの中から毎回選出される所以なのでしょう。
 
次もたぶんこれですね、ここでは。
因みに僕はここの天津飯が結構好きで
台湾ラーメンと天津飯のランチセットを注文する事が多いです。
特製スタミナこぶた鉢一面玉子のせ & 餃子@滋賀県彦根市 キングジョニー彦根店
特製スタミナこぶた鉢一面玉子のせ & 餃子@滋賀県彦根市 キングジョニー彦根店
国道8号を通る度に入りたくてウズウズイライラしてたので
初めて入ってこれが出て来た時は感激して店員さんや他のお客さんがいても
お構いなしに声無き絶叫(?)と即時写真撮影してしまいました。
 
個人的には愛知県一宮市の第一旭みたいやなと思いながらも
それよりは脂っぽくないんだけどスープは味が濃いなと思いもしました。
けど、このスープの濃さのおかげで無料提供の替玉の時に完璧な味の配分でした。
写真で判る通りの激しいチャーシューのラッシュを掻い潜ると野菜がまだ存在してて
麺を食べるまでに少し体力を消耗させられたのですがその分麺のありがたみを感じながら
ゆっくりと食べる事ができました(一杯目はスープの濃さで麺とスープの絡みが判らず)。
 
特筆は餃子!しっかり焼かれてるのにフカフカもちもちした触感は久々の美味!
店員さんの接客の良さも相まって遠いながらもリピート決定となりました。
鶏ミンチと牛蒡のクリームパスタ@DOXY
鶏ミンチと牛蒡のクリームパスタ@DOXY
初のパスタの紹介ですね(^^;
 
これは主にja+NKでいつもお世話になってるライブハウス DOXYさんのメニューで
僕が開演前に必ず食べる、まさに@「ゲン担ぎ」の一品です。
 
普通だとこういうライブハウスのフードって「そこそこイケる」程度なんですが
DOXYのこのパスタは僕にとっては絶品系!
正直ここではこのパスタを食べることでja+NKのライブは成立するとも言えるほど
「すいません、いつものお願いします」で出てくるメニューです。
 
DOXYにお越しくださる皆さん、次回は開演前にはこれを食べて僕らの登場をお待ちください。
そしてライブを観ながらステージの僕はこれ食べて演奏してるんだって思ってて下さい^^
期間限定 特製味噌もやしラーメン@山岡家
期間限定 特製味噌もやしラーメン@山岡家
通常メニューの味噌ラーメンより一段コクが深い。
脂っぽいかなと思いきや案外そうでもないのがビックリ。
 
僕は山岡家の場合味を薄めで麺硬めにしてるんですが
この特製味噌に関してはこれが僕のベスト!
麺に関しては普通〜軟らかめにしても良い気もしますが
味は薄めにすることで背脂のベタつきが消えます。
 
ただ難を言えば、もやしがもう少し多かったらバッチリ、
チャーシューは一枚で充分なのでもやし多くして欲しい。
 
まあ、トッピングで増やせば良かったですが(^^;
前のページ 目次 次のページ

Last updated: 2017/11/12